どこまでも広がる雄大な景色にうっとり

前から一度行きたかった北海道に、ようやく念願がかなって娘と2人で行ってきました。
旅行会社のツアーで3泊4日で道央と道南を回るものです。
新千歳空港からバスに乗り込み、あこがれの北海道の景色に娘と2人大はしゃぎ。

 

最初は富良野や美瑛を観光し、層雲峡に泊まりました。
本州とは全く違うどこまでも広がる雄大な景色は、見ていてまったく飽きません。
信じられないくらい広い畑が、パッチワークみたいに色が変わってるんです。
作っている作物の葉の色が違うので、こんなにきれいな模様になるんだとのこと。

 

牛も広い牧草地で気持ちよさそうに草を食べていました。
時間もゆっくりと流れているみたいです。

 

2日目は人気の旭山動物園。
ここは娘がとても楽しみにしていたところです。
円形の筒の中をアザラシが泳いでるのを実際に見て感激してました。

 

今回のツアーは2泊3日と3泊4日を選択できるコースで、
私たちは3泊4日にしましたが、2泊3日の人は札幌で途中下車になるんです。
札幌に着くと半数以上の人がバスから降りてしまい、バスの中はガラガラ状態に。

 

添乗員さんが、ここからはバスの座席は1人で2席使ってもいいです、と笑いながら言ってくれました。
実際大きなバスに10人ほどしか乗っていないので、広々しています。
バス旅行でこんな経験初めてでしたが、おかげでのんびりできました。

 

初めて行った北海道の自然に圧倒されっぱなしでしたが、
絶対また来ようと娘と話しながら帰ってきました。